階段の段数を変更するリフォームのポイントとは?

普段何気なく使っている自宅の階段が、高齢になって昇り降りが難しくなり段数を変更したいと考えているなら階段リフォームがオススメですよ。

建物の構造によっては階段の勾配を変更するリフォームは難しく、建築確認申請が必要になる場合もあるため事前に建築基準法など確認しておくと良いでしょう。

リフォーム中は階段の使用ができなくなりますので、施行中は2階の荷物を1階に移動させておきましょう。

階段の勾配を緩やかにするリフォームを行う場合、階段の状態によっては間取りの変更が必要になったり、規模が大きい工事になる可能性が高いですよ。

安全性の高い階段を手に入れるためにも、経験豊富で信頼できるリフォーム業者に依頼する事が大切ですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る