階段リフォームをする際に注意するべき点とは?

自宅の階段をリフォームする際に、注意するべき点がありますよ。

階段リフォーム中は階段を使用する事ができなくなり、階段が1箇所しかない場合は上の階への移動はできませんので、上の階にある生活に必要な物は1階へ移動しておく必要があるのです。

既存の階段を別の場所に移動させるような位置変更は現実的に難しく、新しい階段を増設する場合も費用が高額になる事が考えられますよ。

安全面を考慮するなら、滑りにくい素材を採用したり、手すりを設置したり、足元を照らす照明を後付けしたり、勾配は将来を見据えて登りやすく降りやすくリフォームするのがオススメです。

規模の大きい工事は確認申請が必要になる場合もあるため、気になる方は事前に確認しておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る