既存の住居をリフォームして二世帯住宅にする方法とは?

既存の住宅に二世帯で住むなら、リフォームして増築するのがオススメですよ。

二世帯で暮らす場合、メリットもデメリットもありますが、生活空間を別々にして完全に分離させるか水回りなど部分的な共用をする事になるでしょう。

完全分離だと、元々の住居を上下か左右に分けて、それぞれ暮らすために必要な設備や機能を設置するためリフォーム費用が高くなりやすいですが、プライバシーが気になる方に最適なのです。

部分的な共用だと、玄関など住居の一部分を共有するため最低限のプライバシーを保ちつつ親世帯と子世帯の交流がしやすいですが、トラブルを避けるためには家族でルールを話し合う必要があるでしょう。

家族のライフスタイルに合わせて、話し合って共用する部分を決めて、双方が快適に暮らせる家を実現させましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る