階段リフォームで手すりを設置しよう!

階段を安全かつスムーズに昇り降りするためには、リフォームして手すりを設置するのがオススメですよ。

階段の手すりは段差に合わせて高さを調整しながら設置するだけでなく、階段を利用する人の身長に合わせて取り付ける必要があるのです。

手すりを設置する際には、エンドキャップの向きに気をつける事が大切だと言われていて、エンドキャップの端は服に引っかかりやすいので、その対策を行って安全な昇り降りを実現しましょう。

手すりはDIYでも設置する事は可能ですが外れてしまうリスクが考えられますし、壁の耐久性を高めるためには下地の補強を行わなければなりませんので、安全性を考えたらリフォーム業者に相談して依頼すると良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る