階段はバリアフリーにリフォームできるのか?

高齢になると階段の昇り降りでも転倒などのリスクが考えられますが、階段をバリアフリーへとリフォームする事はできるのでしょうか?

階段のバリアフリーリフォームでは、手すりの設置や勾配を緩やかにしたり、段差を小さくするリフォームも必要ですよ。

また、窓の設置などで採光して明るくしたり、足元に照明を付けると昼間だけでなく夜間も安心して昇り降りできるのでしょう。

階段の床材も滑りにくい素材へ交換しておくのもオススメですし、直線階段は安全面で良いと言われていますが、階段に踊り場を設置すると踏み外した時にも比較的転落しにくいでしょう。

リフォームで失敗しないためにも、階段リフォームの実績がある業者に依頼して、安全かつ快適に使える階段を手に入れましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る